自分の部屋で困る水のトラブル発生、賃貸の場合どうする?

■トラブルが発生した場合の適切な対処法

賃貸で部屋を借りていて、水漏れなどの問題が発生すると困るでしょう。水のトラブルが発生したら、まずは不動産会社や大家さんなどその建物を管理しているところに連絡します。もし問題が発生したときお願いする水道業者が決まっていれば、手配してくれます。またマンションやアパートの場合、階下の住民に影響が出るかもしれません。そこで被害を受けた、受けそうな入居者への連絡も行うところもあります。あくまでも賃貸は部屋を借りているにすぎません。建物の所有者に修繕などどうするかの一義的な権利があります。
ただし、時として深夜や早朝などで管理会社や大家さんと連絡が取れないタイミングで発生する可能性もあります。その場合には水道業者に直接連絡しましょう。また管理会社や大家さんによって水のトラブルへの対処はまちまちです。連絡したところ、自分で対処するように指示される場合もあります。このようなケースでも入居者自ら水道業者にコンタクトを取ります。
水漏れなどが起きたら水道会社に連絡する、ここまでは多くの人が頭に浮かぶでしょう。しかし電気会社に連絡しなければならないことは、想定しない人もいるかもしれません。電気会社に連絡する理由は水漏れを原因として漏電の危険性があるからです。特にコンセントの近くで問題が発生して、水がかかってしまった場合には電気会社への問い合わせは必要です。
ここまでの手配が完了したら、後はスタッフが現場に到着して作業するのを待つだけです。ただもしかすると階下の住民に何らかの被害を与えている恐れがあります。その場合、後日賠償問題に発展する危険性もあります。火災保険に加入しているケースがほとんどでしょうから、どこまで保証されるか、保険証書などで確認しておくと後々の手続きがスムーズです。

■原因がどこにあるかチェックする

水道業者が現場に来たら、なぜ水のトラブルが起きたか原因を特定します。この原因が何によるものかといった説明を受けることは、今後のために大変重要です。というのも修繕費用をだれが負担するかの判断基準になるからです。結論から言うとただの過失であれば、入居者が負担します。一方経年劣化によるものなら、管理者側が責任をとって費用を負担するのが一般的だからです。
過失とは、蛇口を締め忘れたり、洗濯機の排水ホースが外れているなど入居者のミスに起因するものです。蛇口やホースなどが破損している場合、無理な使い方をしていれば故人の過失と認定されます。一方経年劣化とは、給水管、給湯管、排水管の劣化などが考えられます。賃貸物件の場合、給湯器が備え付けになっている部屋も多いです。もし使い方に過失がなく、給湯器そのものが劣化して水漏れが起きた場合もその修繕については、大家さんや管理会社が負担するのが一般的です。
このように過失か経年劣化かによって、誰が費用を負担するかが変わってきます。原因がどこにあるのか、素人が判断するのは難しいです。誤った判断を下す恐れがあるので水道の修理業者に必ず確認してもらいましょう。ただし上で紹介した事例と責任の所在は一般的な話です。場合によっては特定の賃貸で取り決めを独自に設定している可能性もあります。水のトラブルで困る場合には、賃貸契約書を確認しておくと安心です。

■個人賠償責任保険の活用
困る水のトラブルが起きて、自らの過失だった場合修繕費用の負担だけでなく、第三者に損害を与えると賠償責任も伴います。ただし火災保険に入っていれば、賠償については保険金で賄える場合も出てきます。個人賠償責任保険に入っていれば、まかなえるかもしれません。個人賠償責任保険とは偶発的な事故で第三者に損害を与えた場合に保障される保険のことです。個人とは書かれていますが、配偶者や生計が一緒の親族も対象です。別居中でも未婚の子供でも対象に含まれます。
この保険は補償範囲は非常に広いです。生活の中で起こした過失であれば、適用される可能性は高いです。保険会社や商品によってカバーできる範囲は若干異なりますが、水漏れによる他者への加害は対象内でしょう。
ただしこちらに加入していても、保険金の支払われないケースもありますから注意が必要です。例えば水のトラブルの原因が偶発的な事故ではなく、故意に発生させたものと判断されれば保障の範囲外です。また被害が同居の親族の持ち物だった場合や他人からの借りのもの場合でも対象外になることが多いです。この保険は第三者への損害を対象にしています。自らの管理下のものについては保険金が下りない点にも留意しましょう。ただし借家人賠償責任保険に加入していれば、こちらで補償が受けられます。もし自分がどのような保険に入っているかわからなければ、一度内容について確認しておくといいでしょう。自分が加入していなくても、賃貸の大家さんや管理会社が加入している場合もあります。そのあたりがどうなっているか、管理会社や大家さんに相談しておくのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ