トイレが詰まって困る水のトラブルを引き起こす前に

■トイレが詰まってしまう原因

日常的に使うトイレは、トラブルも多い場所です。使用頻度が多くなると、どうしても水のトラブルが起きて困ることもありますが、その原因がわかっていれば、予防することもできます。意識的に予防しておけば、トイレにかかる負担も減らすことができ、安心して利用できるでしょう。専門業者に依頼される水のトラブルは、トイレが大半を占めるため十分に注意も必要です。
水のトラブルでもっともよくあるケースがトイレットペーパーの流し過ぎです。大量に流してしまったため、詰まってしまうトラブルは頻発しています。排水管の径は限られており、限界を超えれば流れません。水に溶ける特性を持っていますが、限界があります。子供たちが必要以上に使ってしまい詰まるケースも起きますが、こまめに流してあげれば問題はありません。同様に限界を超える排泄物も詰まります。量が多すぎることが問題ですが、トイレットペーパーを使う前に流せば負担は減るため、気をつけて使うようにしましょう。外出先でも起こる可能性があるので注意が必要です。
増えてきているのが、異物を流したため詰まってしまった状況です。水に溶けるものしか流せない設計のトイレでは、異物を流せば詰まります。代表的なものがティッシュペーパーです。トイレットペーパーの代用に使う人もいますが、根本的に水に溶けやすく作られていません。すぐに限界を超えてしまうため、簡単に詰まるものとして捉えておく必要があります。他にも携帯電話を落としてしまったり、トイレ内にインテリアとしておかれていたものが便器の中に落ちてつまるケースもあります。そもそも異物がトイレの空間の中になければ発生しないため、できるだけ持ち込まないことが大切です。

■普段からできる予防策

トイレが詰まってしまう状況は困ることですが、普段からできる予防策はいろいろとあります。余分なものを置かずシンプルにしておくのもその一つです。棚を作り、いろいろなものを置くこともありますが、地震などで落ちてしまう可能性は否定できません。これで詰まれば、修繕に費用も掛けなければいけなくなります。
水洗いのレバー操作も対策として重要です。大と小に分かれている場合、大で使っていれば問題はありません。タンクの水を最大限使って流すからです。小の場合、水量を抑えることができますが、これが詰まってしまう原因を作り出します。もともと固形物がない状態を想定した水量であり、水の量を抑えられる方法です。トイレットペーパーなどがある場合には、水量を抑えると流れきれずに途中で止まることもあります。トイレットペーパーが分解されずに配管内でとどまってしまえば、どうしても詰まることになり、水のトラブルの原因になります。節水のためにやっているつもりが、思わぬダメージを与えかねない状況です。
適切に使用するのが大切ですが、最近では節水のために、タンクにペットボトルを入れて水量を減らす方法を行う人もいます。この方法は、タンクの水量を減らして節約できる一方で、設計上流すために必要な水量を確保できません。水量が減った分だけ詰まる可能性が高まるため、注意が必要です。節約したつもりが、水のトラブルを引き起こし、余計に費用を発生させることになれば、節約した分が一気に吹き飛んでしまいます。

■メンテナンスが大切
トイレの詰まりを防止するためには、常に掃除をすることが大切です。汚れが溜まればそれだけ配管も狭くなり詰まる原因を作り出します。尿石などは堆積すれば取り除けなくなります。そうなる前に掃除を繰り返しておけば、問題を蓄積させません。
トイレを掃除するときには、ゴム手袋をして作業します。洗剤を使う場合にも手を守ることができるため大切です。徹底的に掃除する場合には、便座を外してから掃除すると簡単です。酸性洗剤を使い、尿石を除去すると黒ずみなども同時に除去できます。便座の縁はどうしても掃除しにくい部分となるため、専用のブラシを使用するといいでしょう。
普段からこまめに掃除することが必要で、その場合には専用の中性洗剤で対応できます。こまめに掃除をしておけば、1回の負担も少なくできるため楽です。毎日のことなので、気がついたときにちょっと掃除したりするだけでも、水のトラブルで困る事態を回避できます。ほこりなどの掃除も大切で、堆積すれば詰まる原因になることは覚えておかなければいけません。
大掛かりな掃除は負担が大きく面倒というときには、専門業者に掃除の依頼をするのも選択肢の一つです。水のトラブルの予防としても効果がありますし、徹底的に綺麗にできるので気持ちよく使用できるようになります。コーティングして汚れをつきにくくするのも効果的で、詰まりにくい状況を作り出せるため、将来的な負担を考えれば検討してみる価値があるでしょう。詰まってしまえば、メンテナンスするよりも費用が掛かることになる場合もあります。状況によっては便器の解体といった必要まで出てくるため、日々の手入れと点検は欠かさないことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ