トイレで困る水のトラブルとなる配管のつまり

■なぜトイレはつまるのか

日々の生活の中で、欠かすことができないにもかかわらず、どんな作りなのかはあまり気にすることがないのがトイレです。水のトラブルを起こすと大変困る事態になりますが、作りを知ると修理できるかどうかの判断ができるようになります。
トイレといえば、古いからつまりやすいといったこともありますが、実際にはそれだけではありません。なにかつまるような原因があったから、困るトラブルに発展したというのが現実です。たとえば、トイレットペーパーを使いすぎたり、流れにくい素材を使ったりしたせいでつまるようなケースがあります。また、タンクの水量が必要な量を満たしていないと、流れにくくなるので何回でも水のトラブルを引き起こす要因になります。問題を引き起こしてしまった2つの条件は、全く異なる理由によるものです。どちらもトイレの水のトラブルですが、修理した後にどうしたらいいのかという事後の管理に目を向ける必要があります。
単純につまった現状だけであれば、取り除いて流れるようにすることで使用に支障はありません。これが継続して起きる可能性があるのであれば、対策を講じることが重要です。水のトラブルが起こった際には、解決するだけではなく、ほかの部分の修理や交換について見直す機会になります。大きな問題を抱えているのであれば、トイレの便器の交換やリフォームも必要になるからです。しっかりと問題を解消しながら、繰り返さないように改善することが重要です。

■配管の構造とつまる理由

配管がどのように作られているのかを知るのも大切です。水回りの設備の中でも、排水管は下水本管へとつながります。圧力をかけて送り出すのではなく、自然落下の力を借りているところがポイントです。そのままでは管の中は密閉されておらず、下水本管と直接つながり臭いや害虫も上がってきてしまうため、トラップと呼ばれる装置を使っています。
トラップはいろいろな種類がありますが、わかりやすいのはS字管と呼ばれるものを使う方法です。横から見るとアルファベットのSのように曲げられた管は、すべての水が流れ出さないような構造にできます。直線ではすべて落ちてしまいますが、曲げられている部分に水が溜まり、これがふたの役目を果たすのが特徴です。水でふたをすることによって、下水本管からくる悪臭も防げますし、害虫の侵入も阻むことができます。直線ではないため、異物があるとここでつまってしまうケースが多いのですが、使用していくには大事な装置でありなくすことはできません。
つまらないようにするためには、トイレットペーパー以外は使わないというのが鉄則です。トイレットペーパーは、水に溶ける構造を持っており、つまりにくくすることができます。代替えとして別の紙を使う人がいますが、専用でなければ水に溶けにくいため、どこかでつまる原因を作ることになります。大量に紙を使ってしまう人は、一度流してから使えば問題はありません。水道代がかかると思うかもしれませんが、修理に手間をかけたり、専門業者に依頼することを考えると、分けて流すほうがはるかに安上がりです。
トイレットペーパー以外にも、室内に小物をおいており、なにかの拍子に便器に落ちてつまるといったケースもあります。これも水のトラブルを引き起こす可能性があることを考えて、できるだけ物をおかずシンプルな空間にすることが必要です。

■通称すっぽんを使う方法
つまったときには、対処する方法を検討していきます。原因によって取れる方法が違いますが、配管内につまったものは、押し流すのか取り除くのか2つしか方法は選択できません。便器の入り口付近なら、手で取り除いてしまうというのが一番簡単な方法といえます。子供が間違っておもちゃを落としてしまったり、携帯電話が落ちてつまったりするような状態が該当します。
配管内でつまった場合、届かないため手では取り除くとはできません。通称すっぽんと呼ばれるラバーカップという道具を使って流す方法があります。便器には負担がかかるので、必要以上の力を掛けないことが大切です。すっぽんを利用するときには、周りに水があふれることもあるため、外にはシートを敷くなど養生をしたほうが安心です。
利用方法は簡単で、先端を便器の排出口にあてがいます。そのままゆっくりと中に押し込み、引っ張るという動作を繰り返すだけで、つまりを改善することができます。単純ですが、どうしても跳ねとびが出たりしますし、配管内にはまり込んでしまえば、これで取り除くことはできません。急に溜まっている水の量が減るようであれば、解決できている証拠です。ですが、焦って失敗することも出てきますので、バケツなどに水を貯めてゆっくりと便器に入れてみます。このときに空気が逆流してくるようであれば、つまった部分は解消している状態です。
つまる状況が何度も起こり、すっぽんなどでも解決できなくなってきているときには、専門業者に点検してもらったほうが良いでしょう。配管内の問題もありますし、みえない部分で老朽化が進み、想像を超えた劣化を抱えている可能性もあるからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ