少しずつ漏れる困る水のトラブルを自分で修理

■解体して修理できるパッキン

水のトラブルの中でも、自分でも比較的簡単に対処できるのが水道に取り付けられているパッキンの交換です。ちょろちょろと漏れて困る状況は、水道代にも影響します。専門の業者に依頼すれば、かなりの費用もかかるため、自分で交換するのが一番の節約です。特に単水栓やハンドル水栓と呼ばれるスタンダードなタイプであれば、消耗品となる部品を交換するだけで問題が解消できる可能性があります。作業としてもさほど難しいものではありません。
交換しなければいけないパッキンとは、水密性を高めるために使われています。空気を遮断する目的としてさまざまなものに使われているのと同じです。空気も水も遮断して、トラブルを起こさないようにしていますが、これはゴムの弾力性を利用しています。そのままでは隙間ができてしまう場所でも、弾力性のあるゴムを使うことで隙間をなくせるためです。この弾力性が特徴で、寿命と直接的な関係があります。
パッキンの寿命は、使っていなくても10年ほどで訪れます。使用頻度が高いともっと短くなり、かなり短命で終わるケースも少なくありません。蛇口に使われている場合、水に触れ続けるところが寿命に関係してきます。ゴムが水に触れることでだんだんと弾力性を失い、やがて硬化して隙間を埋められなくなります。これが困る水漏れを起こしてしまう理由の一つです。
寿命が来た部品は交換すれば済むだけです。蛇口も同様で交換するための部品が販売されています。ホームセンターでも簡単に手に入りますし、インターネットで注文する方法でも購入できますが、同じ形状でサイズもあっていなければいけません。いったん蛇口を解体して取り除き、比較しながら同じものを購入すれば間違いないでしょう。

■パッキンの種類

パッキンには種類があります。すべてに同じものが使われているわけではありません。その中でも中心的な役割を果たすのがケレップと呼ばれる部品です。日本の独楽のようなかたちをしていることからコマと呼ばれることもありますが、ゴムだけでできておらず金属製のパーツも含まれています。大切な役割を持っており、水を出して止めるためには必要不可欠です。蛇口の構造で見てみると、ハンドルの下に使われており、解体してみるとすぐにわかります。少しずつ水漏れしてきているときには、このケレップが劣化している状態が多く、定期的に交換が必要です。
三角パッキンは、見た目は三角になっていません。このパッキンは断面が三角形のためにそう呼ばれています。ハンドルの真下に使われるパッキンで根元から漏れてきているときには劣化している可能性が高い部品です。交換するとなおる可能性がありますが、本体の老朽化も関係するため交換するなら本体ごと新しくするのも方法です。
同様に断面がUのかたちをしているUパッキンもあります。吐出口の根元に使われている部品です。根元から漏れているときには劣化が考えられますが、ハンドルを開けなければ漏れないため、水道代には直結しない部品です。流れがおかしいと感じたり、余計なところが漏れているのが気になる場合には交換すればなおります。
蛇口には他にも円形で平らなパッキンなども使われます。蛇口の形状や種類によっても違いがあるため、分解したときに何が使われているのか確認が必要です。外した時に変形していたり、ついた跡が戻らない状況では役割を果たしていない可能性があるため、交換しなければいけません。

■解体に必要な道具と手順
蛇口の解体には、必ず道具が必要です。配管の工事には特殊な工具を使いますが、蛇口に必要なものは日常でも使うもので済みます。モンキーレンチが必要ですが、ナットを外すために使われるため、特殊な形状には対応できません。その時にはウォーターポンププライヤーという工具が必要ですが、これも簡単に手に入ります。ドライバーも使うことが多く、用意しておけば間違いありません。特にハンドル混合水栓の場合には、レバーを解体しなければいけないため、必ず必要になります。柄の大きなものを用意しておけば、回すときの負担も少なく、ボルトも傷めません。
交換する際は、解体できれば交換して元に戻せると考えて間違いありません。解体したときの順番を逆にするだけです。止水栓や元栓を閉めて水が流れない状態を作ったら、ハンドル部分から解体していきます。単水栓の場合には、止めてあるナットをまわすだけで順番に解体できるため簡単です。パッキンも見えてきますが、固着して取れないときにはマイナスドライバーをつけば簡単に取れます。あとは消耗した部品を交換して戻せば出来上がりですが、ナットの緩みには十分な注意が必要です。逆に締めすぎてしまえば、ねじ切ってしまう可能性が出てきます。そうなると本体ごと交換しなければ直らないため、必要な締め付け力で終わらせます。交換が終了したら止水栓を開けてみますが、必ず蛇口は閉めてからおこないましょう。いきなり大量の水が流れ出すと危険です。
蛇口も高機能で種類がいろいろと増えています。簡単に交換できないものも出てきているため、特殊な工具が必要になるケースの時には、専門業者に修理してもらう方が安全です。急いでいるときにも、パッキンなどの消耗品を購入しているよりは依頼した方が水のトラブル解決は早いため検討してみるべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ