水のトラブルの中でも困る水漏れの点検法

■水道メーターをまずは確認

水のトラブルが目に見えるところで起きていれば、早々に気づけ、早期対策も講じられます。しかし水道の配管は壁の向こう側など普段見えないところも走っています。もしここで水漏れなどの問題が起きていると困るでしょう。何せ水のトラブルが発生していてもすぐに気づけないからです。もしいつもと特別使い方を変えたわけではないのに水道代が急に上がった場合には、水漏れがどこかで起きている可能性があります。おかしいと思ったら、まずは水道メーターの点検から始めます。
一戸建てやアパートのような低層の集合住宅の場合、玄関先もしくは駐車場に水道メーターがあるでしょう。地中に埋めこまれていることが多いので参考にしてみてください。マンションのような高層住宅の場合、電気やガスメーターと一緒になって廊下もしくは玄関に設置されているのでこちらを確認することです。通常一番下にレイアウトされているのが水道メーターです。
水道メーターをチェックする前に、自宅の水道すべてを止めることです。そのうえでメーターのパイロット部分を確認します。この部分がくるくる回っている場合、水道が使われていることを意味します。水道をすべて止めているのにパイロットがくるくる回っているのであれば、どこかから水が漏れ出ていると推測できます。どうも最近水道料金が増えていて、しかもその理由に心当たりがなければ、メーターの確認をするのがおすすめです。

■水漏れの点検方法

何かしらの水のトラブルが起きていれば、どこが問題箇所か点検です。まずは目視です。パイプや配管のどこか、もしくは床が濡れていないかなどをチェックです。また壁などにシミができていないかも見ておきます。もしシミができていれば、今は大丈夫でもそこから水が垂れていた可能性が疑われます。蛇口からの水漏れの場合、しっかり閉めていてもポタポタ水がたれていないかも見ておきましょう。
もし見た目で異変が気付かなかった場合には、蛇口や壁に耳を当てて聞き取ってみることです。もし水漏れが起きていれば、水の流れるような音がするはずです。壁の向こうでこのような音に気が付けば、そこが水漏れの発生個所と推測できます。
このような方法を駆使して、いろいろと診断してみたけれども場所が特定できないこともあるでしょう。しかしあきらめることはないです。できうる限りの場所の調査をしてみることです。そうすれば消去法で、そのほかの場所が水漏れの発生個所であるとエリアを絞り込めます。広範囲にわたって点検すれば、特定できなくてもその場所はかなり狭まります。
築年数の経過している物件で水のトラブルが起きているのなら、排水管などの老朽化も疑われます。この場合、漏れ出ている個所は1か所とは限りません。できれば自宅の図面があるといいです。こちらで排水管がどこを走っているか確認しましょう。もし場所が特定、できなくても範囲が絞れれば、水道業者を呼んだ時にプロもどこが問題の個所か判断しやすくなります。診断が早くできれば、それだけ早く修理にも取り掛かれます。

■水漏れ点検をしないと二次災害の恐れも
水道料金が跳ね上がった、水漏れの痕跡が見られるなど水のトラブルに心当たりがあれば、速やかに点検することです。もし何もしないで放置すると、二次災害の危険性が高まるからです。水漏れを放置していると、その部分でカビが生えやすくなります。さらに高温多湿を好むシロアリも呼び寄せてしまいます。縦材が損傷を受け、住宅の強度に深刻な影響が出かねません。
水漏れの個所が配管の場合、床下でトラブルの発生することも考えられます。一戸建ての場合、床下が土というケースもあるでしょう。もし土に水が流入してしまうと、土が外に流出してしまって地盤沈下を招く恐れも考えられます。
さらにマンションなどの集合住宅の場合、階下の住民に迷惑をかけかねません。天井だけでなく、家財も濡らしてしまうかもしれません。またそのまま放置していると壁や天井にカビが生えて、黒ずんでしまう恐れもあります。そうなると賠償や補償をどうするかという問題に発展しかねません。水のトラブルは、放置していても自然治癒することはまず考えにくいです。二次災害に発展する前に、気になる症状があれば、まずは点検してみることです。
もし何か異変が発生していると確信したら、業者を呼んで修理をお願いするのが賢明です。素人が無理に修理しようとすると、かえって状況を悪化させてしまうこともあります。しかし業者を呼んだ際でも、スタッフがすぐに現場に駆け付けられないこともあり得ます。自分でできる対策がいくつかあります。その中でもすぐに実践できることが、元栓を閉めることです。元栓を閉めれば、住宅内の水の流れを止められます。すなわち水漏れの被害範囲を拡大させずに済みます。また余計な水道料金を支払わずに済みますので、困る前に速やかに実行しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ