水のトラブルの1つ、水が止まらない状態とは

止めたはずの水が止まらないという水のトラブルは水道料金に直結する問題であるだけでなく、ポタポタと止まらない水によって精神的なストレスにもつながります。汚水ではないため衛生面での心配はないものの放置すると無駄に流す水の量が多くなり、さまざまな物が水で濡れる可能性もあります。部品の交換や簡単な修理なら自分でもできるかもしれませんが、そうでない場合もあります。

■キッチンの蛇口

キッチンの蛇口をきつく閉めてもポタポタと水が落ちる場合は、蛇口の先端部分、根元など、水が漏れる部分によって対処の仕方も変わります。蛇口はパッキンやナットなどが劣化して水が止まらなくなることも多く、部品を交換するだけで問題が解決することもあります。
しかし、最近の水道の蛇口は水とお湯の混合栓であったり、ハンドルやレバー式などの構造の違いがあったりと複雑化しており、個人の修理には向いていないこともあります。また、浄水器や食器洗浄機に分岐していてそのパイプの接合部分から水が漏れ出す可能性も考えられるでしょう。専門的な知識や技術がないままに無理をするとポタポタの水が噴水のように飛び出すこともあり厄介です。

■シャワーやカラン

浴室では水やお湯がでる場所が1ヵ所ではなく、浴槽の給水口、カラン、シャワーなど複数の水の出口があります。浴室で多い水のトラブルの一つに、シャワーから出る水が出続けるというものがあります。シャワーヘッドやホースが劣化して接合部分から漏れている場合は、シャワーヘッドを交換するだけで解決することもあります。
しかし、ホースの付け根部分から漏れている場合は素人による修理では改善することは難しくなります。また、ほとんどの場合シャワーとかランは同じ水栓から分岐しており、大元の水栓に問題があって水が止まらないこともあります。抜本的な修理が必要となることもあるため、プロの業者に依頼して対応してもらった方がいいでしょう。

■まとめ
水のトラブルには、水が漏れる、詰まるとともに蛇口などを閉めても水が止まらないというものもあります。節水を心掛けている方にとってはもったいない話であるとともに水道料金も高くなってしまいます。なかでも、使用する水の量が多いキッチンや浴室では、経年劣化によって水が止まらなくなることがよくあります。蛇口の先端から少し漏れる程度であれば部品交換で間に合いますが、根本的な修理や給湯器 交換が必要となることも多いため、素人判断をせずに早めに専門業者に依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ