水のトラブルが起きると構造的に困るタンクレストイレ

■機能が複雑になり対応も難しい水のトラブル

トイレもいろいろな種類が増え、タンクレストイレも珍しくなくなりました。スペースを作り出すためにはとても有効な形状を持っており、すっきりしたデザインにできます。人気が高いトイレではありますが、水のトラブルが起きると大変困る状況が生まれます。これまでのトイレとは違った原因で、対処方法も違いがあるためです。知識がないことが対応の難しさにつながるため、どんなミスのトラブルが起きて困るのかを知らなければいけません。
タンクレストイレの特徴は、なんといってもタンクがないところです。背面に水を貯めるためのタンクが存在しない代わりに、水道の力を使って水を流します。これが構造的な大きな違いで、水道の水圧を利用するため、弱い力しか持たない物件では利用ができません。吸水にはバルブがつけられており、電気制御で開閉しています。この機能があるためタンクは必要ありませんが、水のトラブルが起きたときに複雑な状況を生み出すポイントです。
バルブは、レバーと連動しています。通常はチェーンでつながったフロートバルブを引き上げてタンクの水が流れますが、電気制御で水道を開き水流を作り出すのが特徴です。タンクを内蔵しているものもありますが、水の落下で勢いをつけるものではありません。電気制御にすることで、機構もすっきりしています。タンクレストイレは、車いすの利用でスペースが欲しいときにもぴったりの選択になります。
すっきりした代わりに、わずかに水漏れが確認できる状況でも修理は難しくなりました。バルブの制御の問題なのか、完全に締められない状況なのかを確認しなければいけません。どちらも電気制御のため専門業者の知識が必要です。

■電気が落ちれば使えない

タンクレストイレで水が全く流れなくなるのは困る状況です。タンクがあればフロートバルブを引き上げるだけで済みますが、タンクレストイレはそうはいきません。いくつかの原因がありますが、なによりも水圧不足があげられます。水道の水圧を利用しているタンクレストイレの場合、十分な水圧を確保できなければ流れてきません。設置したときには問題がなくても、なんらかの影響で水圧が落ちてしまっている可能性があります。工事などで水道が使えない状況もありますが、ほかの水周りの修理で元栓を閉めたときにも水は流れてきません。配管の状況が変わり、水圧が落ちたときも使えなくなる可能性があります。
電気で制御しているタンクレストイレは、バルブもポンプも機械的なものではなく電気が必要です。バルブやポンプなどの故障のほかにも、電気系の問題により動作しないことが考えられます。部品の交換もしなければいけませんが、素人ではほぼできない領域です。専門業者に修理してもらうことになりますが、専用の部品を使うため、生産が終わり部品が底をつけばなおすことができません。
電気制御である以上、停電などでは使えないことが出てきます。ブレーカーが落ちてしまっているときにも制御できません。ただし、すべての製品が使用できなくなるわけではなく、大規模停電でも対応できるタンクレストイレもあります。非常用電源が取り付けられているタイプで、数回であれば使える仕様になっています。長くは使えませんが、短期的には問題がありません。非常時にはバケツに水を貯めて、高い位置から水を流しいれるだけで流せる場合もあります。

■フラッシュバルブは修理できる可能性がある
タンクレストイレはとても便利です。スペースも減らすことができますし、すっきりしたデザインにまとめられます。デザイン性を重視している場合も使えますし、バリアフリー化を進める場合にも有効です。その代わりに構造は複雑で、水のトラブルも起きやすい構造になるのは、致し方ない部分を持ちます。ほとんどの部品は家電製品と同様で交換が難しいため、専門業者に依頼して修理する必要があります。実際に交換できる可能性があるのは、フラッシュバルブを使ったタイプで、水が止まらない場合には一旦外して掃除をして取り付けなおすことで解消できる場合があります。止水栓を閉めてからレバーの反対側に取り付けられているフラッシュバルブをモンキーレンチなどで外してメンテナンスをする方法です。単純な方法とは言え、通常のトイレの修理よりも難易度は高いと考えなければいけません。そのため、タンクレストイレにするのであれば、修理できる業者に連絡をする準備が大切です。
水のトラブルが起きたときに備えて、止水栓の位置も確認しておくと安心です。どんな故障が起きたとしても、止水栓を閉めれば水の流れが止まります。それ以上の被害を出さずに済みますし、修理に来てもらうまでの時間も被害は広がりません。電気とともに使われる設備のため、感電や漏電にも注意しなければいけませんが、止水栓を閉めることで被害が出にくくなります。便利で使いやすいからこそ、トラブルが起きないように定期的なメンテナンスの依頼するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ