水のトラブルで意外と困る賃貸物件の細かいルール

■賃貸物件と一戸建ての違いについて

賃貸物件と一戸建てでは管理会社が存在するか個人所有かで責任の所在が変わるため、水のトラブルが発生した場合の対処方法も異なります。まずは一戸建ての場合から見ていきましょう。
一戸建ての場合、水のトラブルが発生すれば原則としてほぼ全面において物件の所有者の自己責任となります。したがって、水まわりに限らず、トラブル発生後の修繕については自己負担となりますし、業者のリサーチもすべてセルフで行わなくてはいけません。建設業者の保証期間の間に設備の不具合によってトラブルが起きた場合は、建設を請け負った業者が対応してくれる場合もあります。
一方、賃貸物件の場合、敷地内で起きたトラブルについては基本的に管理会社の管轄となります。もちろん、誤った使用方法により水道管を著しく劣化させるなど、明らかに入居者側の過失によるトラブルである場合には入居者本人の自己負担となります。一方、水道管の経年劣化によるものと判断される場合は、修繕費用の一部が補填されるケースもあります。
また、同じ賃貸物件であっても公営住宅では公費負担によってメンテナンス費用が一部補填される可能性もありますので、その種の住宅にお住まいの場合は入居の段階で補助金の制度などを確認しておきましょう。制度の申請前に自己負担によって水のトラブルを修繕してしまうと、本来ならば受けられるはずの補助金が下りなくなってしまい、困る可能性もありますので注意が必要です。
公費負担や自治体の補助金制度などについては定期的な見直しが行われます。そのため、こまめに情報を収集し常に最新の状況を把握しておきましょう。

■賃貸物件で注意すべき隣人トラブル

賃貸物件や集合住宅の水のトラブルで意外と困るのは、隣人トラブルです。水漏れや浸水がひどくなるほどトラブルの範囲が広がりやすく、上層階に住んでいるのであれば階下の部屋にまで影響が出ていないかどうか迅速にチェックし、万が一迷惑をかけたのであればしかるべきプロセスによって謝罪し、補償を行う必要があります。
賃貸物件で注意すべき隣人トラブルとしてはまず、浴室からの水漏れがあります。浴室は住宅のなかでも日常的に大量の水を流すエリアであり、ひとたび水のトラブルが起きた場合には自分の部屋はもちろんのこと、隣室や階下の部屋にも影響が広がりかねません。最初は雨漏りかと思ったら上の階からの漏水で補償トラブルにまで発展した、というケースもあるようです。浴室以外にはキッチンからの水漏れが挙げられており、キッチンもまた浴室と同様日常的に水を使うエリアです。思わぬ漏水トラブルが起きやすいと言われています。
水のトラブルを含む隣人トラブルでまずおさえておくべきポイントは、無理をして当事者同士で解決しようとしない、ということです。当事者だけでトラブルを解決しようとするとどうしても責任の所在がわかりにくくなってしまい、シンプルなトラブルでも次第に複雑化してしまいかねません。トラブル解決の際には必ず管理会社などに詳細を報告し、第三者をまじえたうえで補償プロセスについて話し合うことでお互いの意見の食い違いを防ぐことができ、解決の迅速化にもつながります。
トラブル解決の基本は、真摯に謝罪することです。どんなトラブルにおいても全面的にこちらの非をしっかりと認め、そのうえで解決方法を見出していくことによって心理的にもこじれることがありません。

■賃貸物件で給湯器の不具合が発生したらどうする?
賃貸物件で想定される水のトラブルと言えば、一般的には浴室やキッチンからの水漏れが思い浮かぶかもしれません。しかし、日常の意外なところにも水のトラブルの種が隠されているものです。
一般家庭で見落とされがちな水のトラブルとしては、給湯器の異常が挙げられます。一般家庭でも給湯器がかなり普及し、真冬でも温かいお湯で洗面や炊事が行えるようになりました。その給湯器ももちろん永久的に使い続けられるわけではなく、長年使っているうちにどうしても不具合が目立ってしまいます。
給湯器でよくあるトラブルとしては、温度設定の異常があります。お湯が出る設定にしているのに水しか出なくなって困る、というのは給湯器トラブルとして特によく見られる現象であり、典型的な故障のパターンです。
温度設定の異常はほとんどの場合、給湯器内部に原因があり、場合によっては本体の発火につながりかねないためただちに対処する必要があります。
特に、給湯器の設定温度が一定せず、水を流している間にお湯になったり、熱湯になったりする場合には給湯器内部でショートが起きている可能性があります。そのようなトラブルを発見した場合には必ず専門業者に連絡し、本体のメンテナンスや交換を行いましょう。
一部の賃貸物件では給湯器のメンテナンスや交換を公費負担によって行ってもらえる可能性がありますので、トラブルが起きた場合にはまず物件の管理会社に問い合わせてみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ