混合水栓で発生する水のトラブルの原因から修理まで

■考えらえる原因とは

混合水栓から水のトラブルが発生した場合、まず修理をしないといけないことを意識した方がよいでしょう。修理をせずにそのまま放置してしまうとさらに被害が拡大してしまうことになりかねません。
水漏れが起こる原因として最も多い理由は、パッキンやカートリッジの劣化です。この場合は、現在の混合水栓に使用されている部品と同じものを購入して交換することが必要です。自分で購入する場合は、水栓の根本付近に型番が記載されているため確認して適合するものを用意します。もしも型番が分からないというような場合は、専門業者に依頼した方がよいでしょう。
胴体部分から水が漏れている場合はOリングやUVパッキンの劣化が疑われます。レバーハンドルの下からの場合はレバーハンドル自体の故障や接続の緩み、カートリッジの劣化の可能性が高いです。根本部分から水が漏れている場合は給水管の接続の悪さやパッキンの劣化の可能性が高いです。このように、水が漏れている場所がどこかによって原因と疑われる部品が変わります。
もちろん、初めて混合水栓からの水のトラブルが発生した場合はどう対応すれば分からない場合もあるでしょう。考えられる原因からどこに修理や効果が必要か判断するのは思っている以上に難しいと感じることもあるかもしれません。そのような場合は、自分で応急処置だけを行って専門業者に依頼して任せるのが最も確実な方法です。もし一度分解して組み立てることができなくなれば、結局専門業者に依頼することとなり大変であるのは間違いないです。

■使用から10年以上経っている場合は寿命

一般的に混合水栓などの蛇口は10年程使用し続けると、パッキンなどの部品が劣化して水漏れなどのトラブルを起こすことがあります。部品を交換すれば不具合が解決しますが、使用開始から長期間経過していると、修理用の交換部品の製造がストップしてしまい、入手することができず修理ができない状態となることも少なくありません。パッキンは口径が合えば使用することができますが、バルブカートリッジはメーカーごとによって形状が異なるため適合するものを探すことは難しいです。そのような場合は無理に修理を行おうとせず、混合水栓そのものを新しいものへ交換することを考えましょう。全体的に古くなっているため、現在不具合が起きている箇所の他にも老朽化が進んでいることが考えられます。そのため、原因となっている箇所を修理しても、他のところが再び不具合を起こす可能性もあります。
混合水栓は、お湯と冷水の両方を水栓の中のバルブカートリッジで水量を調整し、吐水しています。このような構造から、内部構造が複雑になっていることも多く、自分では部品の交換をしたり修理することが難しいというケースも多いです。新しい混合水栓の中にはメンテナンスをしやすい設計となっているタイプも登場しているため、このようなものに交換すれば将来的に自分でもメンテナンスが行いやすくなります。
いずれの場合も、総合的に専門業者に依頼した方がよいと思った場合はまずは見積もり依頼をしましょう。修理を行って引き続き今までの物を使用し続けるのか、それとも新品へ交換してしまった方がいいのか悩んだ場合は、見積もりの際に相談してみることをおすすめします。

■自分でできる予防法について
混合水栓からの水のトラブルを防ぐためにはいかに予防するかが大事になります。自分でできる予防法のひとつとなるのは定期的な掃除です。吐水口のフィルター部分には、ごみや汚れがたまりやすいためこまめに掃除をするのが肝心です。浄水用の蛇口の場合は、専用のフィルターに関しても忘れずにお手入れをするようにしましょう。そして、カートリッジやパッキンを交換もいつかは行わないといけないものであり、前もって交換をしておくことで水のトラブルを未然に防ぐことができます。
また、旅行や長期出張など、数週間から数か月間不在にするなど、水を使用しない場合は止水栓を閉めておくという対策も有効です。蛇口の部分で水をせき止めているため、常に強い水圧に耐えている状態が続いています。負担がかかり続けていると、老朽化が進んでしまう原因となります。日々の生活で止水栓を閉めることは現実的ではないものの、少しでも蛇口にかかる負担を減らすために使用頻度の少ない時には止水栓を閉めておくというのも一つの方法です。
こういったちょっとした自分でできる予防法を駆使することで、修理や交換をする頻度が変わっていきます。自分で修理や交換を行う、あるいは専門業者に依頼する場合においても時間と費用がかかる点は変わりありません。いざ水のトラブルが起こってからどうこうしようとせずに、いかに何も起こさないかが重要になります。メンテナンスを行うことによって、もう寿命を迎える部品をすぐに交換することで水のトラブルを未然に防ぐこともできます。特にメンテナンスを行っていない自覚がある場合はまずはチェックしてみるのがよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ