困る水のトラブル、集合住宅の場合は管理会社の責任?

■大惨事につながりかねない水漏れトラブル

普通に生活をしていたとしても常に起こり得る可能性を秘めるのが水のトラブルです。一戸建ての場合は水道設備業者を選択して修理を行うことになるものの、集合住宅の場合は誰の責任であるかの問題があります。揉めてしまい、後々困ることを避けるためには、自分で原因を作らないことを意識した方が良いでしょう。
集合住宅での水漏れトラブルは老朽化が原因となっている場合も少なくないため、基本的に管理会社が費用を負担してくれます。共有部でのトラブルの場合においても自分で原因を作ったわけでなければ、費用を負担してくれる場合がほとんどです。ただし自分の部屋が水浸しになることで下の階に水が濡れてしまうこともあり、このような時は個人が負担をしなければなりません。
水漏れのトラブルは引き起こさないのがベストであるものの、普通に生活をしていても起こり得るものです。そのためあらかじめ安全確保をしておくことが大切です。個人賠償責任保険に加入しておくことで、もしもの場合に備えることができます。
個人の責任と管理会社の責任のどちらになるかはケースバイケースです。どちらにしても重要となるのは、被害を最小限に抑えることになります。原因を特定して応急処置をするとともに、専門業者に依頼して適切な対応をしてもらいましょう。もし、故障している箇所が住居敷地外の場所であると、修理をする際に大家さんや管理会社が対応してくれる場合もあるので、賃貸物件の方は契約内容などを確認しておくと良いでしょう。

■管理会社の修理手配が遅い場合の適切な対応

集合住宅で困る水のトラブルが発生した場合、応急処置を行って、速やかに管理会社に連絡をし、修理手配を依頼すれば、問題なく対応してもらえます。自分で連絡すべき業者が分かっているとしても、順番としてはまずは水のトラブルが起こったことを大家などに伝えるのが先決となります。しかし、場合によってはすぐに来てくれないことも考えられます。短時間であっても不便な生活を送ることになるため、できるだけ早く何とかしたいと思う人がほとんどでしょう。管理会社に連絡をしてもスムーズに対応してくれない場合は、期限を決めることが重要です。
どうしても急を要する場合は自分で専門業者を探して対処しましょう。もし夜間に緊急のトラブルが発生した場合には、24時間水道のトラブルに対応してくれる業者に状況を説明し、対応してもらうことを考えるのがおすすめです。さまざまなサポートに対応しているため、水のトラブルが解決できるようになります。
被害の拡大を防ぐことが重要であり、修理費用の領収書をもらっておけば後に請求ができます。あくまでも管理会社の修理手配がスムーズに行われなかったという条件で請求をするため、順番を間違えないようにしなければなりません。緊急時に限っては順番を無視しても被害拡大を防ぐことが何より優先されます。
修理費用の負担割合に関しては、後に大家及び管理会社と相談が必要です。お金のトラブルを未然に防ぐためにはしっかり証拠を残すとともに、写真を撮影するなど状況の記録を残しておくことが重要です。契約の際に営業時間外に水のトラブルが発生した場合の対処法について確認をしておくのも一つの方法です。

■借主の過失は費用の負担が必要
困る水のトラブルは、管理会社に手配すれば借主の負担とはならないものの、借主の過失に伴うトラブルの場合は話が別です。水を出しっぱなしにしてしまった、あるいは蛇口を閉め忘れてしまったといった場合にトラブルが発生すれば、借主の過失として判断されてしまいます。多くの場合水のトラブルは借主のうっかりミスによって起こるものです。住居を適切に管理するとともに、もしもの場合は大家などへ症例を伝える義務が課せられていることを覚えておいた方が良いでしょう。
漏水の場所や原因によっては修繕義務が課せられることもあります。故意か故意でないかは別として、借主のミスによって起こった出来事であるのなら、責任が生じるのは当然です。管理会社が物件を管理している窓口となるため、何かあった場合にはすぐに連絡をするようにしましょう。借主に過失がない場合は大家や管理会社側の負担となるからこそ、責任の所在を明確にすることが大切です。
配管や給水管は使用し続けると経年劣化をしていくため、場合によっては早めに交換のお願いをしておいた方が良いかもしれません。大規模な修繕が必要になるほど金額が大幅に上がってしまうため、それだけお金のトラブルに発展する可能性も高まります。費用の捻出を大家が拒むという可能性も考えられます。配管や給水管が劣化してきていると感じたら、修理業者に依頼して原因をしっかり確認しておいた方が安心です。
責任の在り処をはっきりさせることは、円満な解決を図る最も重要な要素となります。トラブルの対処はできる限り早めに行い、それ以上ひどくならないようにするよう心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ