困る水のトラブル、その直し方は原因究明から始める

■水回りの困るトラブルには兆候があります

水のトラブルは症状の度合いに関係なく困ることになります。その多くはいきなり症状が現れるものではなく、ある程度共通した兆候があるのが特徴です。それを把握しておけば、事態が悪化する前に専門業者に依頼することで費用面においても少額で済むことも少なくありません。
例えば、トイレなどの場合はタンクからの水漏れ、便器の詰まりが主なトラブルの代表といえます。その場合は少しずつ状況が悪化していく場合が多く、いきなり水が詰まるという状態になることはまずありません。紙おむつや生理用品などを流そうとすると当然ですがいきなり詰まってしまいます。その原因としては便器内の排水路が細いことにあります。紙おむつや生理用品は水分を吸収する性質があり、うっかり流すと内部の水を吸収してしまうので重量が重くなり、水圧では流しきれなくなります。水を含んだ塊になりますので、詰まってしまって水がまったく流れない重度のトラブルに発展するため注意しなければなりません。
少しずつ流れが悪くなった段階の直し方では、ラバーカップで解決することもできます。タンクからの水漏れなどでは、内部の部品の故障や部品の老朽化などによるものが大半の原因となっています。部品交換や修理で解決できることもあるので、兆候を見逃さないことが事態を悪化させないポイントとなります。浴室やキッチンなども水漏れや詰まりには必ずそういったサインがありますので、いつもと違うと感じたときなど、事態が悪化してしまう前に対処することをおすすめします。

■自分でできる応急処置とは

トイレの詰まりが発生したとき、水を流すと便器から汚水が溢れるトラブルが起きます。水漏れは水のトラブルで多いもので、水の無駄に繋がるなどいずれも困ると感じる人は少なくありません。水漏れも給水管からのものは水の無駄になりますが、汚水の場合は衛生面においても困ることになるので慌ててしまう人も多いです。
キッチンの排水管から水が漏れているケースでは、パイプの破損もありますし繋目に使用されているシールと呼ぶパッキンの劣化のケースもあります。水が漏れているときには、ビニールテープを使ってぐるぐる巻きにするなどの応急処置をしておくと良いでしょう。蛇口から少量の水や水滴が流れている症状では、原因にパッキンや接続の部品劣化が考えられます。DIYが得意な人であれば蛇口に給水しているパイプ途中にある止水栓を閉じてから蛇口を分解し、新しいパッキンと交換してから組み立て、止水栓を開けるなどの直し方で修理ができます。
浴室の排水溝から水か逆流するトラブルも、排水路内部を洗浄することで解決できることもあります。浴槽の排水路から流れる水は、洗い場にある排水溝に繋がっているケースが多いです。この排水溝から水の逆流が発生したり流れが悪くなってしまうのは、その先に異物が詰まることに起因していますので、この異物を取り除く直し方で問題を解決できるケースがあります。ここでは浴室で起こる嫌な臭いに気づくことが必要です。髪や石鹸カスなどがたまりやすい場所ですから、お風呂に入ったときに悪臭がするなどは、詰まりの兆候と言えます。そのため、市販の洗浄剤を使用したり、汚れが見えるならスポンジや小さなブラシなどで汚れを落とし綺麗にしておくことが大切です。

■依頼するときにはここを注意しましょう
パッキンの交換やタンク内の部品が外れているなど、これらの修理は直し方のコツを掴んでおけば自分で修理することもできます。しかし、必要に応じて分解作業をするときに元通りに戻す自信がない、複雑な構造をしていて難しいという時には無理せず専門業者に任せるのが最善の方法です。特に、浴室に使われている混合栓は構造自体が複雑ですから素人が分解すると故障の原因に繋がることもあります。
専門業者に依頼するときには、費用がどのくらいかかるのかを明確にすることがポイントです。インターネットを利用して専用フォームで依頼する方法、直接電話で修理の依頼する方法などがあります。おおよその金額を訪ねておくこと、出張費用の有無や時間外対応の際の費用がどのくらいかかるのかを確認しておきましょう。見積もりを作って貰ったら金額を把握した上で依頼ができるメリットや安心感があります。ここでのポイントは、見積もり以外に発生する費用の有無を確認しておく点です。
また、修理業者といっても様々で、経験がどのくらいあるのか工事実績をホームページに掲載している会社、24時間365日いつでも対応している会社を事前に見つけておくのもおすすめです。そのときに利用しなくても症状が悪化したときにすぐに駆け付けている修理業者を決めておけば、慌てたり困る必要もなくなります。口コミ評判も併せてチェックしておけば、安心して水のトラブル解決を依頼できます。自分で出来る対応として、応急処置に使える道具をあらかじめそろえて処理する、また、止水栓の場所を把握し閉じるなどがあり、専門業者が来るまで慌てず待てるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ