困る水のトラブルの直し方は

■構造から直し方を検討

水のトラブルが起こると、そのまま放置していても被害が広がるため、対処法を模索しなければいけません。一体どこに原因があるのかを探すところからはじめていきますが、設備によっても必要な処置は異なります。水道管周りの場合は、本管から水圧をかけて水が送られてくるため、どこかで止めなければとめどなく出続けてしまい、被害はどんどんと拡大する状況です。
水道管には、必要な際に作業がしやすくなるように止水栓が取り付けられており、閉めると供給はストップします。稀に付いていない場合もありますが、その際は元栓を閉めるといいでしょう。外部に設置されている水道のメーターに合わせて設置されている部品であり、設置場所の知識さえあれば緊急の場面でも素早く見つけられ、開閉の対処ができます。
供給を遮断して水圧をさげたら、次に原因を見つけなければいけません。被害が出て困る状況を改善するためにも、原因箇所をできるだけ早く判別する必要があります。水道管なら水が吹き出している状況でもある程度は原因の判別ができますが、排水管ではそうはいきません。水を流さなければ水漏れも起こらないため、原因箇所がわかりにくいためです。特定するために、わずかでも水を流し、漏れて落ちる音がどこから聞こえるのかなど、目と耳を使って漏れだしている場所を探します。配管内で異物などがつまって流れないときには、何がつまっているのかを判別するのも重要です。異物の種類によって対処方法も変わるため、まずは原因の追究をしていきます。

■部品は正しいものを用意

水のトラブルの直し方は、場所と原因によって手順も必要な道具も異なります。専門的な知識が必要と感じたときには、業者に依頼するなど確実に復旧できる手段を講じるべきです。
自分で対処する場合には構造を理解しておく必要がありますが、これはどこの何が困る状況を作り出しているのか判断しなければいけないためです。業者に依頼する場合でも、構造から修理の手順を考えていきます。水回りの設備は、どの部品も簡単に外せるというわけではありません。順番に外さなければいけないものもあり、目的の部品にアプローチするまでの手順を間違えると、機器そのものを破損してしまう可能性もあります。
トラブルの箇所によっては、細かな部品が使われているケースもあります。定期的な交換が必要になる消耗品もあるため、構造的な部分であたりをつける知識があれば解決に役立ちます。自分で直すときには、取り替え用の部品が正しいものであるかどうか慎重に選ぶ必要が出てきます。部品の知識があれば難しくありませんが、少し厚みが違うだけなど似たようなものがいろいろと作られているため注意が必要です。また、部品が劣化して変形しており、判別が難しいときも少なくありません。部品選びの際、知識があまりないときや、判別がつきにくいときには、ホームセンターなどで聞いてみるのが確実です。専門の知識を持っている販売員であれば、寸法から正しい部品を割り出せます。厚みがわからなかったとしても、径や形状から正しい厚みなどを導き出すことも可能です。経験値が必要な部分にもなるため、正しく交換するためにも積極的に確認するといいでしょう。

■直してもらうメリット
水のトラブルにもいろいろありますが、業者に修理を依頼する場合と自分で対応する場合それぞれにメリットはあります。
業者に依頼する際は、作業に対しての費用はかかりますが自分の手をかけずに済むことはメリットです。困る状況の中、対応方法を調べるだけでもそれなりに時間が必要です。調べた後は、作業の時間を確保するために、生活のさまざまな部分を犠牲にしなければいけません。時間はお金では買えないため、業者に払う費用として換算した時に安いと感じる人もいるでしょう。修理も手早く終わり、いち早く設備が使えるようになるのは助かります。
専門の業者であれば、修理も適切な方法をとってくれます。ガス給湯器のように、水回りでも複雑な構造を持っているものなどもあり、自分で直せるものばかりではありません。水のほかにガスや電気を使うため、修理は容易ではありません。ガスと電気の知識も必要で、扱うときには細心の注意が必要です。ガス中毒や感電、漏電のリスクを抱える以上、直し方が中途半端にわかる程度では、手を出すべきではありません。業者に依頼して、確実に直して使える状態にしなければ、命の危険につながります。
ほかにも水回りの設備には、ウォシュレットのような電化製品に属するものもあります。洗濯機も含まれますが、電気に対する知識が必要な上に、機械修理についても理解しておく必要があります。内部の部品の中には手に入りにくいものもあるため、自分での対応には限界があるでしょう。
費用を抑えることができるのが、自分で直す場合のメリットです。しかし、やり方を誤れば被害が拡大し、大きな出費につながるケースもあるため、的確な判断が求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ