困る水のトラブルが起きたときの対応方法

■水のトラブルは初期対応から

生活の中で水のトラブルが発生すると水が使えなくなり困るだけではなく、家屋に被害が及ぶこともあるため、いつでも対処できるように初期対応の方法を覚えておきましょう。根本的な修理ができない場合でもきちんと初期対応ができていれば、業者が到着するまでの被害を最小限に食い止めることができます。また、自分で直すとしても、部品の購入までの時間も取れるようになります。トラブルの種類によっては特別なものを用意せずとも、家庭にあるものでも対処できるため、普段からわかりやすい場所にまとめておくのもいいでしょう。
初期対応で重要なのは、被害を拡大させないことです。水が漏れてしまえば、濡れてほしくないものにもかかるかもしれません。集合住宅などで他人のものにも被害を与えてしまえば損害賠償を請求される可能性も出てきます。非常に大きな被害を生み出すため、早急に水を止めるなどの方法が必要です。
給水側で起きている水のトラブルでは、水が供給され続けている状況が問題です。もしも配管にひびでもできて吹き出せば、そのままでは水が止まりません。まずは止水栓を閉めてしまうのが最初にする対処方法です。止水栓は設備によって取り付けられている場所や形状が異なり、トイレは給水管を辿ればすぐに見つけることができます。キッチンや洗面所ではシンクの下に取り付けられているときもあります。マイナスドライバーなどで締めると水の供給を遮断できるため、普段掃除のときなどにどこにあるのか気にしてみておくといいでしょう。もしもどこにあるか分からない場合は、水道メーター付近の元栓を閉めることでも水を止めることができます。

■水のトラブルが起こったときに備えて用意しておくと便利なもの

水が止まったとしても、すべて終わりではありません。水のトラブルが直ったわけではなく、現状も困った状態のままです。そこで用意しておくと便利なのが、バケツとバスタオルです。使い古しのバスタオルがあるだけでも、流れた水の処理がしやすくなります。水をふき取れるものであれば何でもいいため、紙おむつやペットシーツなども大量に水を吸収するので便利です。バケツは普段掃除に使うようなものがあれば、配管などの下において受け止めるのにも役立ちます。
あると便利なのが、レジャーシートです。工事に使われるブルーシートがベストですが、手に入りやすいレジャーシートでも代用できます。水分をきれいにふき取ったあとにレジャーシートを敷き、さらに水が漏れてきそうな場所にバケツを置いておけば、そのまま垂れ流してしまうよりも被害の拡散抑制につながります。排水管の場合には、水はきれいなものとは限りません。使って汚れた水が流れてくる可能性が高いため、安全を考えてゴム手袋もあると安全です。トイレの掃除などに使っている薄手のものでも、素手でなにかをするよりもはるかに衛生的で安全に作業できます。
こうした道具をすべてまとめてバケツの中にしまっておくのも、緊急時の対応が素早くできるポイントです。どれも新品のものでなくて構わないので、使い古しが出たときには集めておくといいでしょう。工具もすぐそばに保管しておけば、簡単な修理に使えるかもしれません。道具があるかどうかは、修理の大事なポイントにつながるため、よく使用するものだけでも用意しておくと困る状況でも安心です。

■絶縁テープを使って応急処置をする
時間を稼ぐという意味では、手直にあるもので処置をするというのもひとつの選択肢でしょう。絶縁テープがあれば、配管の水漏れにも対処できる可能性が出てきます。あくまでも応急修理で、長時間保てるものではありませんが、どうしても使わなければいけない緊急性の高い場合には役立ちます。
方法はいたって簡単で、水が漏れてきている部分に巻き付けるだけです。ただし、粘着面は水があるとつきません。必ずきれいにふき取り、水分がない状態を作ります。この状態ができあがったら、できるだけ引っ張りながらきつく巻き付けていきます。すき間ができないように、ある程度広い範囲で巻き付けてしまうといいでしょう。高い水圧がかかると、すぐに負けてしまうため、慎重に使うのがポイントです。
排水管のような場合には、先にタオルを巻きつけてしまう方法もあります。大量に漏れてくるとあまり有効ではありませんが、タオルを巻きつけてから絶縁テープで固定すれば、少々割れているようなときでも対処できる方法です。もちろん、恒久的に補修できるものではありませんし、タオルから伝わる可能性があるので、下にはビニールシートを敷いて養生し、バケツで受け止められるようにしたほうがいいでしょう。
あとはできるだけ早く自分で直すのか、修理業者を依頼することです。水漏れなどの困る水のトラブルは、そのまま置いておいても直るものではありません。これ以上、被害が広がってしまう前に、なるべく早めに修理して回復させるのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ