キッチンでつまって困る水のトラブルを解消できる作業方法

■排水管にお湯を流して詰まりの解消

キッチンで水のトラブルが起きると、大変困ります。料理を作るだけではありません。洗いものもできない可能性が出てきますし、手を洗うこともできなくなりかねません。生活に著しい影響を与えるため、なんとか解決なければいけませんが、なかなか対処は難しいところがあります。特に排水管が詰まったときには、衛生面に配慮して解決する方法を考えましょう。キッチンの排水管を含め、困る水のトラブルに発展する前に作業して解決させるのが一番です。ほんの少しの努力で、かなり改善させることができます。それも家庭内にあるものだけでも対応できる場合があるため、変化を見逃してはいけません。
詰まってしまったときの対処の方法として、まずは深刻な状況かどうかを判断する必要があります。水を流しても、一切流れないような困る状況まで来れば、これは専門業者に依頼したほうが確実です。解決方法もいろいろと検討しなければいけませんし、詰まっている場所によっては排水管を解体して入れ替えるような作業も必要だからです。普段からできることとして、50度程度のお湯を使う方法があります。熱湯を流してしまうと、配管自体をゆがめてしまい、大きなダメージを与えてしまいます。お風呂よりも少し熱い温度のお湯を流すことで、配管内にこびりついている油汚れを落としやすくできます。定期的におこなっているだけでも、予防策として有効です。流れが悪くなったと感じているときでも、油汚れを流しやすくするだけで、ごみや異物の付着を防ぎ、流れも回復できることがあります。

■タオルでラバーカップの代わりを

つまってしまったときには、ラバーカップを使って押し流す方法が使われます。圧力をかけて押し出しつつ詰まっている異物を引っ張って流れを回復させますが、ラバーカップがない家庭もあるはずです。そのときには、タオルを使う方法で同じような作業ができます。フェイスタオル程度で十分な結果を引き出せるため、いらなくなったタオルを用意して利用するといいでしょう。
シンクに取り付けられているごみ取り用のかごなどを取り外します。内部がそのまま見える状態となるため、ここにごみや異物がある場合にはそのまま取り除くことが大切です。これを排水管内に流してしまうことが、つまる原因のひとつになります。次に排水管にタオルをつめますが、栓をするためのものなのでしっかりと詰め込みますが、端の部分だけは出しておくのがポイントです。あとで除去するためのものですが、全部詰めてしまうと抜けなくなる恐れがあります。準備ができたら、シンクに50度から60度のお湯を半分程度貯めこむのが重要です。あまりに多くすると次の作業であふれてしまうこともありますし、少なすぎれば効果がありません。貯めこんで準備ができたら、タオルを引き抜き一斉に流しいれます。排水管に一気に流れ込むことによって、ラバーカップを使ったときと同じような効果を得られる方法です。全部流れきったら、あとはごみ取り用のかごなどの部品を取り付けなおしたら作業完了です。定期的にお湯を流し込む方法の応用ですが、圧力をかけるところに違いがあります。

■重曹を使って汚れを落とす
家庭にあるものとして、重曹を使う方法も有効です。スーパーなどでも簡単に手に入りますが、一緒に必要なのがお酢です。この二つを用意するだけ汚れを落とすことができます。ただし、重度の状況では対処できません。初期の対応策として有効なため、ひどくなる前に作業しましょう。お湯を貯めた方法と同じように、排水口の細かな部品を外します。内部が見えたら重曹を入れてお酢をかけますが、このときの割合は重曹2に対してお酢が1程度にすると効果的です。すぐに泡立ち始めますが30分から1時間程度おいたのちに50度から60度のお湯を流して洗い流すのがポイントです。水を使ってしまえば、せっかく分解した油が冷えて固着する可能性があるため、ぬるま湯を使って流す方法が有効になってきます。多めのぬるま湯を使い、重曹もお酢も配管内に残らないようにするのも大切です。この方法は、排水口のぬめり取りにも有効で、簡単に綺麗にできます。お風呂場の排水口の汚れなどにも使えるため、ぬめっとしているのを見つけたら使ってみると洗剤などを使わずにきれいに仕上がる方法です。油汚れとしては、コンロのこびりつきなどにも使えるため、重曹は掃除用として用意しておけば、シンクに異常を感じたときにもすぐに対応できます。
お湯を使うということがメンテナンスとして重要ですが、あまりに熱すぎると配管が膨張します。すぐに冷えて収縮しますが、これを繰り返している間に接続部品に隙間ができたり、配管を破損したりする状況が生まれるので注意が必要です。調理しているときにもつい流してしまいますが、一旦温度を下げる方法を考えておくのが、排水管を守り水のトラブルを引き起こさないためにも重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ