排水管の水のトラブルにつながる困る油の付着

■排水管に付着する油

水のトラブル防止のため、キッチンのシンクは油を流してはいけないとされています。困る排水管の詰まりを助長することになりますし、環境に対する負荷も高まるためです。なぜ、油を流してはいけないのか、最低限流れてしまう油汚れに対して、どんな方法を使うべきなのかも考えなければ、水のトラブルは解消できません。実際に100%油を流さないというのは、キッチンという特性上不可能です。どんなに拭いたりして気をつけていても、食器や調理器具を洗う以上は少量は流れていきます。
油が排水管の中でなにを起こすのかといえば、配管内に付着して固化するのが問題です。ほんのわずかな油から始まり、その油の上に次の油が付着して固化することを繰り返します。これがどんどんと広がりほかの汚れも巻き込みながら、やがて配管の径を狭め詰まる瞬間がやってくると考えればわかりやすいのではないでしょうか。わずかでも流れていく油汚れは、いずれ大きな問題を引き起こす原因となります。
メンテナンスが重要になりますが、方法としては定期的なパイプクリーナーの利用があげられます。薬品を使って油を溶かす方法ですが、配管内に付着している油を分解して押し流す方法です。界面活性剤のように浮かして流す方法もありますが、排水管の中に流して一定時間待つだけで済みます。濃度の濃いものを選ぶのが重要で、1%以上の配合になっていれば問題はありません。特に効果をあげられるのは水酸化ナトリウム配合のパイプクリーナーです。これだけでもかなりの汚れを除去できますが、ワイヤーブラシなどで直接取り除く方法もあります。排水口など見えるところ限定となりますが、長いワイヤーにブラシが取り付けられたものであれば、差し込んで除去することもできます。ただし、目視できるわけではないため、かなり繰り返さなければ意味がありません。素材によっては配管を傷つける場合もあります。

■油を流さない予防策が大切

油汚れは困る水のトラブルにつながりますが、根本的に流れ込んでいなければ付着することはありません。油を直接流すことはもちろんですが、食器や調理器具もできるだけ油をふき取り洗うことが必要です。キッチンペーパーなどを使えばかなり除去することができますが、てんぷらなどをしたときにはさらに注意して扱わなければいけません。油は凝固剤を使い除去するだけでも違います。
油の特性を考えると、温度が下がると固化していきます。温度をあげれば液化する特性を利用してお湯を流す方法も有効です。配管内にゆっくりと流れていけば、表面部分だけでも液化して流していけます。つまりの解消にも役立つ方法で、日常的におこなえば臭いの問題も防止できます。食事の後に食器を洗った後などにおこなうのがポイントで、日々の生活の中で取り込んでいくだけで効果をあげます。注意しなければいけないのは、お湯の温度です。高温のお湯を流すのは、大きな問題です。排水管に使われているのは、キッチンの下をのぞいてもわかりますが塩ビ管など樹脂製の配管が主となりました。ここに高温のお湯を流せば一気に熱によって膨張します。膨張したのちに冷えて収縮していきますが、配管に負担をかけてしまいます。破損させてしまう可能性も考えて行動する必要があります。接続部分は接着剤などでつながれていますが、膨張して収縮すれば隙間があいてしまう可能性もあります。余計な水漏れを作り出すため、熱湯は絶対に流してはいけません。50度程度でも十分に効果をあげられます。

■専門業者による洗浄方法
家庭の環境で配管の油汚れを落とすのは、限界があるのも確かです。すべて除去できるわけではないため、状況によっては専門業者に依頼して除去するのも検討しなければいけません。専門業者では、家庭用とは違い、さらに強力な洗浄剤を使います。残っている油を強力に溶かして流しますが、専用のワイヤーブラシなども併用して効果を高めることが違いです。これでも落とし切れない場合には、高圧洗浄機を使って配管全体をきれいにする方法があります。
高圧洗浄機は、水に圧力をかけて洗浄する方法で、配管内に機械を差し込み解消する方法です。耐圧ホースでつながれた先端をどんどん伸ばしていくため、物理的に除去できます。単純にキッチンの配管だけを対象にするのではなく、排水ますまで流していけるため、根本的な解決策です。排水管が詰まりやすく水のトラブルで困っている場合には、こうした方法で解決すると確実です。マンションなど高層住宅では、通常の高圧洗浄では効果が弱まります。こうした環境では、超高圧洗浄機を持っている専門業者に依頼すれば問題ありません。通常の機材とは違い、大きな物件にも対応できる専用機材であり、専用化されているため汚れも残しません。
高圧洗浄機も頻度も1年に1度程度でおこなっておけば、清潔な環境を維持できます。清潔な環境を作り、安心して使える設備にするためにも検討してみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ