排水管の困る水のトラブルを解消するパイプクリーナーの成分

■パイプクリーナーにはなにが使われているのか

水のトラブルとして困るのが、排水管の詰まりです。日ごろのメンテナンスが重要で、定期的にパイプクリーナーなどを使うことが求められます。さまざまな商品が発売されており、どれを選ぶのか迷うほどの種類があります。使われている成分にも違いがあり、内容によって適切な場所が違います。どんなものでもいいわけではなく、確認してから使わなければいけません。使い方次第では、配管のメンテナンスのつもりが困る状況を生み出す場合も出てきます。
パイプクリーナーに使われている成分の中でもよく知られているのが次亜塩素酸ナトリウムです。次亜塩素酸塩や次亜塩素酸ソーダと書かれているのも変わりません。漂白剤に使われていることで知られていますが、アルカリ性の物質です。長期保存ができる物質ですが、自然と分解されてしまい、塩化ナトリウム水溶液に変わってしまう性質を持っています。温度をあげたり紫外線に当たると分解されていくため、暗所で保存しなければいけません。たんぱく質を分解する物質であり、髪の毛が詰まってしまうお風呂場や洗面所のパイプクリーナーとして有効です。混ぜるな危険と書かれているように、塩酸のような強酸性物質と相性が悪く、塩素ガスが発生します。有毒なガスのため、トイレ用の洗剤などは十分注意しなければいけません。
お風呂場で使う場合にも、クエン酸などを使って排水管の掃除をしたときなどは使ってはいけません。塩酸ほど強力な反応はしませんが危険性があるため、換気を最大限おこない使用することが求められます。

■水酸化ナトリウムと界面活性剤

パイプクリーナーによく使われる成分として水酸化ナトリウムもあります。苛性ソーダとも呼ばれますが強アルカリの物質で、毒薬及び劇物として指定されている成分です。水に溶けやすい性質が特徴で、排水の中和剤として使われます。強力な脱脂作用を持つため、排水管の詰まりにも有効です。キッチンの配管は油が付着して詰まりやすくなるため水酸化ナトリウムがあっています。ぬめりが出ていて困る場合にも使えば分解してくれる成分です。水酸化ナトリウム自体は危険な薬品であり、大きな水和熱を持っています。さらに強力にするため界面活性剤も使われることがあるため、両方が成分として配合されていた場合には、さらに注意しなければいけません。家庭で石鹸を作る場合にも苛性ソーダとして使われていますが、事故には十分注意する必要があります。
水のトラブルに使うパイプクリーナーにもよく見かけるのが界面活性剤です。水になじみやすいだけではなく油にもなじみやすい成分です。表面張力を弱めることでも知られています。界面活性剤という名前ではあるものの特定の物質ではなく、いろいろな成分があり、ひとつに絞られているわけではありません。界面張力を弱めることができるため、有機物の汚れをはがす効果があります。油も乳化できることからキッチンのパイプクリーナーにぴったりです。汚れ落としということではシャンプーにも使われていますが、成分としては異なるものが利用されています。単純に汚れを分解するのではなく、はがして分散させるのが目的のため、流水で流さなければ効果は高まりません。

■濃度をチェックし頻度を考える
水のトラブルにつながる汚れは一体なにかを考えることが、パイプクリーナーの製品選びに重要なポイントになります。どんな汚れを落としたいのか、なにが主な原因となるのかを調べていかなければいけません。分解できるものには違いがあり、なんでも効果的に力を発揮するわけではありません。有効な成分を見極め、選ぶ必要があります。
どんな濃度で使われているのかも重要な意味を持ちます。濃度が低いと分解する能力を下げてしまうためですが、1%がだいたいボーダーラインになる数値です。成分のあとには、必ず濃度が記載されています。強力な効果を期待したいときには、濃いものを選択しておくことも必要です。
どんなパイプクリーナーでも、迷うのが使用頻度です。どの程度の感覚で使えばいいのか、表記がないと困ります。排水管の状況によって異なりますが、定期的に使用することがポイントです。効果の高いものであれば、時間をあけることができますが、濃度が低いのであれば、数日おきに使用するといったことも出てきます。コストにもつながりますが、高濃度のものであれば、1か月から3か月まで頻度を下げられるため、製品を見極めていかなければいけません。あまりに頻繁に使うと、排水管自体にもダメージを与えかねないことも理解する必要があります。
パイプクリーナーを使うことは大切ですが、根本的に汚れがたまらないようにするのが最も大事なポイントです。キッチンなら油や食べ物を流さないのが重要ですし、お風呂場や洗面所であれば髪の毛は逃さず除去することで負担を下げられます。物理的に取り除くことができるため、日々の生活の中で注意しておくのが一番効果的です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ