バスルームで起こる水のトラブルは蛇口やシャワーを確認

■バスルームで起こりうる水のトラブル

水のトラブルはいつ起きるか分かりません。いつ何が起きてもできるだけ冷静に行動できるよう、予備知識を備えておくことが重要です。例えば、バスルームで起こりやすいトラブルには、シャワーのヘッド部分から水が漏れるというのがよくある話です。常にお湯を使う場所なので濡れているだけではそれが水のトラブルによるものかどうか判断するのが難しいものの、蛇口を締めたはずなのにポタポタと漏れている場合は、何かしらトラブルが起きている証拠と言えます。
考えられる原因は複数ありますが、まず確認すべきことはどこから水が漏れているのを確認することです。ヘッドから、ホースと繋がっている部分、もしくは水栓そのものから漏れている可能性もあります。1か所ずつチェックして、原因に応じて対処方法を変えましょう。
シャワーヘッドから水漏れしているのであれば、ヘッドの中にお湯が残っていた、水栓が壊れているなどのトラブルが起きていると考えられます。試しにヘッド部分を上に向けてみてください。もしも水が止まったら本体に水が溜まっている可能性が高く、水が止まらず漏れてくるのは内部に問題がある可能性が伺えます。中に水が溜まっているだけなら故障ではないため問題ありませんが、内部が壊れている場合はヘッドを交換すればトラブルが解消されます。
シャワーヘッドとホースの接続部分から水が漏れていたなら、付け根の内部に備わっているパッキンが壊れている可能性があります。パッキンはゴム製なので年月が経つと劣化してしまうため、取り換えることで水漏れトラブルの原因を取り除けます。
水漏れが水栓から起きているのであれば、内部に備わるゴムパッキンやバルブが壊れている可能性が非常に高いと言えます。部品の交換が必要になるものの構造が複雑なので、プロの修理業者に依頼することをおすすめします。

■バスルームの水漏れトラブル対策は自力で直せるか

バスルームのシャワーにはいろいろなタイプがあります。機能性も高く、蛇口ではなくヘッドの部分から出てくる水量が抑えられる節水タイプは人気です。また、健康に気を遣ったり美容を気にしたりする人に向けたものも多く、塩素を取り除くためのフィルターが内蔵されているものなどもあります。
しかし、多様化することで自分に合ったものを選びやすい反面、水のトラブルが起きた際に対処が難しいという実情もあります。こうしたシャワーヘッドは内部構造が複雑になっていることが多いためです。内部でトラブルが起きて水が漏れるなどの症状が出た場合は内部の部品を取り換えたり、場合によってはヘッドを交換をする必要がありますが、構造が複雑な場合簡単には修理できないため、業者へ依頼するのが最善です。
しかしヘッドが原因ではないこともあり、自力で修理できることもあります。まずはホースを確認し、水がにじんでいれば劣化による水漏れが考えられます。ホースが古くなって壊れて亀裂が入り、そこから水が漏れているのです。水を出すたびに水漏れトラブルが起こるので、ホースを新しいものに交換しましょう。市販されているものを購入して自力で交換することもできます。ヘッド、ホースの順に外して、新しいホースと交換して水栓とヘッドそれぞれを繋ぎます。
水栓を確認したとき水が漏れていたならナットの締め付けが弱くなっている可能性があるので、一度締め直してみてください。それでも水が漏れてくるなら内蔵されている部品の破損が疑われるため、一度水栓を分解しつながて内部を確認しましょう。同じ部品と取り換えれば問題が解消されます。

■どのタイミングでシャワーヘッドや水栓を交換すべきか
水のトラブルが起こる前に予防として早めに対策を取りたい場合、どのタイミングで蛇口などを交換すればいいのか目安を知っておくと便利です。
例えば水栓の問題をあらかじめ防ぎたい場合、現在の水栓を設置した時から数えて10年以上経っているとき、見た目でサビがでているのが確認できるときが交換の目安になります。また、一ヵ所だけでなく他の水回りでも同時にトラブルが発生したときや、そのほか湯温の調節がうまく出来なくなったときも交換のサインです。これらに該当する場合は、問題が起こる前に交換すれことがおすすめです。
もしシャワーヘッドのトラブルを予防したいのであれば、5年以上経っているとき、ヘッドを見て水が出てこない穴が確認できたとき、亀裂が目立ってきた時などが目安になります。
どちらも市販されている部品や本体と交換が可能ですが、購入する前に取り付け部分のサイズを計って合うものを購入する必要があります。ただし、知識が無ければ作業途中でうまく進まなくなることも考えられるので、修理するための知識や技術に自信がない場合は無理せず専門業者に依頼することをおすすめします。
専門業者に依頼する場合は、必ず見積書を出してもらうようにしてください。部品代や作業代にどのくらい料金がかかるのか事前確認をして、内容に納得してから作業を依頼しましょう。見積もりを無料で行ってくれる業者であれば、納得できない時も費用がかからないという利点があります。商品によっては保証期間がありますので、どのぐらいの期間が保証されるのか確認しておきましょう。
経年によってトラブルが起こるのは仕方がないことですが、定期的にメンテナンスや点検をすることで水漏れトラブルを防ぐことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ